スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働きすぎよ!睡魔ちゃーん!!

朝7時
目覚ましの音で覚醒した僕を二度寝へと誘う睡魔ちゃん。睡魔ちゃんの朝は早いのだ。

朝9時
予備校に到着をし自習を始める僕をうたた寝へと誘う睡魔ちゃん。睡魔ちゃんには朝礼をする時間もないのだ。

昼12時
早めの昼食をすませた僕は三度目の睡魔ちゃんとの邂逅
睡魔ちゃん『そろそろ寝てもいいんじゃないい?』

午後7時
友達と軽く話しつつ軽食を済ませた僕へまたまたまたまた睡魔ちゃんが話しかけてくる。
睡魔ちゃん『隣の人は朝から寝てるよ!!!浪人生は寝てなんぼ!!!』
しかし僕は誘惑に負けるわけにはいかないのだ

午後12時
睡魔ちゃんと僕のベッドイン。
実は睡魔ちゃんは僕のパートナーだったのだ。

睡魔ちゃん!一日中お仕事お疲れさま!!たまには休んでもいいんだよ!!


まあ僕は寝てないです。隣のやつは一日中寝て休憩時間になると起きてソシャゲの周回してる怖い子。前のやつは髪染めてるけど頭良い。波乱万丈な僕の予備校生活、これからどうなっちゃうの~

コメント

No title

隣のヤツ多分私でしょ
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。